2019年01月28日

お伝えしづらいのですが、、

10年ほどMUSICAギター教室をさせていただいて、たくさんの方にご利用いただいて、本当にありがたかったのに自身の病気で1度休業、そして2018年10月に閉室しました。ご迷惑をおかけして心苦しい思いをしておりました。それから、環境も大きく変わり、自身も勤めが変わったり、日々を過ごしてまいりました。ギターはやっぱり好きで、樋口亜沙子ギター教室にも刺激を受けておりました。
 3度目の正直、仏の顔も3度までといいます。お伝えしずらいのですが、2月よりMah(マー)ギター・ウクレレ教室、ミドリ楽器にて開講いたします。
IMG_20190128_100933.jpg
なにとぞ、なにとぞよろしくお願いいたします。

高槻市のギター教室 Mah
posted by 樋口昌紀 at 15:36| Comment(2) | 音楽教室

2019年01月26日

さ、ウクレレの弦を張ろう。

ウクレレにはいろんなサイズがありますが、これはソプラノですからちゃんとソプラノ用の弦を用意しました。コンサートの弦がデッドストックであったので張ろうと思ったら、弦が太くてダンゴがブリッジ溝に入らない。で、マーチン買ったら見事にピッタリ。
IMG_20190126_120809.jpg
パッケージも萌える。

IMG_20190126_124247.jpg
無事に張れました。しかしながらこのルックス、、いったい何があったのでしょう。スプルースにメイプル全単板、バイオリンみたいなウクレレです。コロコロ鳴ります。

高槻の楽器店 ミドリ楽器
posted by 樋口昌紀 at 13:11| Comment(0) | ギターリペア

2019年01月25日

長い弦長のギターが欲しいのだけれど・・・

クラシックギターの話。
 エレキギターならフェンダーやギブソンで選べるのだが、あ、でもロングスケールのSGが欲しいとかになったらどうしたらいいんだろう。いや、ロングスケールの時点でもうSGじゃないんだな。多分。クラシックギターは昨今ショートスケールはたくさん作られているのに660mmは新品では皆無。70年代中ごろで終わってしまった。650mmが標準になって久しい。660mmが欲しい場合は中古、しかも40年以上前のものを探すしかない。ロングスケールは左手に負担がかかるというけれど、音量や低音の響きなど魅力もたくさんある。
IMG_20190125_115930.jpg
73年製の田村満ギター。

IMG_20190125_120018.jpg
堂々の660mm
ピアノでもフルコンサートとアップライトでは響き、サスティーンは比べ物にならない。(と思う)

IMG_20190125_132031.jpg
というわけでエレキはフェンダー派です。(知るかぁ)

高槻市の楽器店 ミドリ楽器
posted by 樋口昌紀 at 13:09| Comment(0) | ギターリペア