2019年11月12日

トップ割れのマーチンD35が復活。

こんにちは。はじめまして。ミドリ楽器の樋口です。トップ表面板割れのマーチンが返ってきました。70年代のマーチン、ネックにロッドは入っているのですが調整できないので、順反りのまま弦高も高かった。5フレット以上はちょっと演奏できない感じ。
IMG_20191006_152442.jpg
こんな感じで大きく割れていたのですが。

IMG_20191110_094124.jpg
キレイにリペアされています。

IMG_20191110_094108.jpg
ピックガードも新調。

IMG_20191110_094253.jpg
ネックアイロンによってサドル高をこれだけ残したまま、適正弦高を出しています。とっても弾きやすくて、音は申し分ないマーチンサウンドです。

高槻市ギターリペア
posted by 樋口昌紀 at 09:17| Comment(0) | ギターリペア