2018年12月26日

ベースネックトラブル。

ベースネックのトラブルは多い。今回は70年代、国産ベース。ロッドではどうしようもない。ねじれ、反り、元起きが発生。素人にはなす術かない。僕もさすがに「直るんかなぁ」と思いました。
松原さんはネックアイロンからはじめたようです。様子をみながらフレットすり合わせ。電気系もトータルで診ていただきました。慎重に術後観察をされたようで、少し時間がかかりました。

IMG_20181225_105512.jpg

完成! 弾いてみる。ノンストレス。さすがです。全部で¥20,000!価値あるリペア。

高槻市ギターリペア ミドリ楽器
posted by 樋口昌紀 at 20:54| Comment(2) | ギターリペア
この記事へのコメント
リペアをお願いした者です。
ネックの状態をみて、もう駄目だろうと
正直諦めた気持ちでお願いをいたしました。
こんなにもステキな状態になって戻ってくるなんて
本当に驚いて、感謝の気持ちで一杯です。
あんなにグニャグニャだったネックが真っ直ぐになって
トラスロッドも十分余裕がある状態に戻っていて、
いただいた時から少し弦高を下げた状態に設定しましたが、
ビビリも無く、ノンストレスで演奏出来ています。
早くスタジオで弾いてやりたいです。
ありがとうございました!
また、他の楽器の修理や調整のお願いをさせてください。
Posted by Kamigaki at 2019年01月08日 22:05
Kamigakiさま。先日はありがとうございました。かなり、ギリギリのリペアだったようで慎重に様子を見ていました。弾けるようになって本当に良かったです。また、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 樋口昌紀 at 2019年01月09日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: