2019年03月16日

ベースのPU交換。ヤマハには気をつけろ。

ギター界において、YAMAHAは独自である。他社のコピーはしない。しかしながらそんなヤマハもさすがに少しだけフェンダーコピー、ギブソンコピーを販売していた。ストラトならスーパーロックンローラー、レスポールはスタジオロード、略してSR。そういえばヤマハにそんなバイクがあったような。プレジションベースのコピーモデル。パルサーベース。略してPB。
IMG_20190309_152126.jpg
これです。で、何に気をつけるかというと、パーツの規格が独自なのです。YAMAHAはここで意地を見せているのか。ピックアップの幅が微妙に違ったり、いろいろサイズが独自なのだ。なので「PU交換、へい承知しやした!」なんて軽く受けると後でえらい手がかかる。なんて事があります。
IMG_20190316_114756.jpg
今回は前オーナーがすでに苦労されたようで、すんなりいきました。(松原さんが)
ちなみにパルサー、Pulsarなんか天体のようです。20年位前、日産のパルサーに乗っていました。右折待ちで後ろから思いっきりレガシーに追突されました。廃車になりました。保険屋さんは「8万円しか出せません。」と言いました。「そのパルサーの価値ですから。」と。わたしは8万円で何をすればいいのだ。。途方にくれました。12万円でミラージュ(蜃気楼)を買いました。

高槻市ギターリペア ミドリ楽器
posted by 樋口昌紀 at 12:14| Comment(0) | ギターリペア

2019年03月09日

ほったらかしのギターをまた使うとき。

「子供が興味を持った。」「ひさしぶりに弾いてみたくなった。」で、恐る恐るケースを開ける、物置を探す。そういったギターもミドリに来てます。まず、弦はダメでネックの反りも出ています。フレットもサビてボディーは汚れています。でも、磨けば光ります。ちゃんと調整してまた使ってあげてください。
IMG_20190309_112648.jpg
YAMAHA FG-130 70年代のギター。国産のギター、磨けば貫禄が出てきます。

高槻市 ギター修理 ミドリ楽器
posted by 樋口昌紀 at 13:23| Comment(0) | ギターリペア

2019年03月02日

4コマ漫画、楽器屋さんはコワい?ギターリペアの巻。

楽器屋さん、何故か入りにくいなんて思っていませんか?ミドリ楽器はまず、「どこから入るねん。」「どやって入るねん。」「そもそも楽器おいとんかいな」と、そういった意味での入りにくさは正直否めません。
よく聞くのは「試し弾きの時に何を弾いたらいいのか分からない。」というものです。店員さんがメッチャ上手く弾いてからお客さんに「どうぞ。」なんてのがありますけど、試し弾きなんか開放弦ジャラ〜ンで「まあまあ鳴るやん。」で十分です。自分のペースで堂々と吟味すればよいのです。あと、店内がうるさすぎて自分の音が聞こえないってのもあります。ミドリは静かですよ〜BGMなし。
IMG_20190226_151754.jpg
ま、最初は入りにくいかもしれませんが。

高槻市のギター修理 ミドリ楽器
posted by 樋口昌紀 at 11:02| Comment(0) | ギターリペア